パッティングを成功させるために必要な5項目と確認の手順

パッティングを成功させるためには、自信を持ってストロークすることが大切です。
では、自信をもってストロークするために大切なことはなんでしょう? パッティングの成功に必要な情報を事前に整理して頭に入れることです。
ゴルフは、ボールを打つ前の準備がとても大切です。
今回は、パッティングを成功させる手順を解説します。

INDEX

  1. パッティングの距離感は、ストロークの振り幅と速さで決まる!
  2. パッティングを成功させるために必ず頭に入れるべき5つの項目
  3. パッティングのまとめ

 

パッティングの距離感は、ストロークの振り幅と速さで決まる

パッティングの距離感を安定させるために、ストロークの振り幅とパターを振る速さを覚えましょう。

カップまでの距離が遠ければ大きく早く振り、近ければ小さくゆっくり振りましょう。
どれくらいの振り幅と速さで振れば、カップインできるのか、カップに近づくのかは経験値が必要です。

まずはパッティングの経験値をあげる準備として、同じ種類のボールといつも使用しているパターを準備しましょう。

なぜ同じ種類のボールが必要なのかは、「ボールの硬さを合わせれば、飛躍的にスコアが良くなる!!」で解説しています。時間があれば目を通しましょう。

準備ができれば、カップに入るというイメージをしながら、パターを振ってみましょう。

しかし、レッスン生からイメージができないという質問を多く受けます。
うまくイメージができないので、適切なストロークの振り幅と速さがわからずに運任せでパッティングしている人をコースではよく見かけます。

なぜ、イメージしてパッティングできないかというとストロークする前に頭にグリーンの情報を入れていないからです。

事前に入れるべき情報は以下の5項目です。
1. 当日のグリーンの刈り高、グリーンの速さ
2. 当日の天候、湿度
3. グリーン上での、ボールからカップまでの距離
4. グリーンの傾き(のぼり、くだり)
5. グリーンの傾き(スライス、フック)

この情報が頭の中で整理できれば、パッティングのイメージの準備ができたことになります。

それでは、5項目について少し解説します。

パッティングを成功させるために必ず頭に入れるべき 5つの項目

1.グリーンの刈り高、グリーンの速さ

グリーンの刈り高は、日によって違います。 芝を短くすれば速くなり、長くすれば遅くなります。
グリーンの刈り高が決まれば、グリーンの速さをスティンプメーターと呼ばれる計測器でゴルフ場のスタッフが測定します。 平らなグリーン面の相対する2方向から、3回づつ測定しその転がった距離 (フィート) の平均値を算出します。

速さの基準は、下記に記します。
7.5 ~ 9.0フィート 遅いグリーン
9.5 ~ 11.0フィート 速いグリーン
11.0フィート ~   プロトーナメント使用

芝を短く刈って速いグリーンを長期間保つことは 芝ガレ(芝が枯れてグリーンが真っ白になり使用できなくなること)の原因となるので、一般営業でのプレーは 9.0フィート前後になります。
刈り高と速さの情報は、ゴルフ場のマスター室前に貼りだされています。

本日の刈り高 〇〇ミリ
本日の速さ  〇〇フィート

当日スタート前に必ずチェックしましょう。

2.天候、湿度

当日の天候は、天気予報で確認し、湿度も同じタイミングで頭に入れましょう。 一概には言えませんが、雨が降る前や降った後は湿度は高くなります。湿度が高くなれば、空気中の水分がボールに付着するので、パッティングではボールが転がりにくくなります。

3.ボールからカップまでの距離

4.グリーンの傾き(のぼり、くだり)

5.グリーンの傾き(スライス、フック)

1.2.に関しては、スタートする前に知っておく情報です。 次の3.4.5.は、各ホールのピンポジションで変わります。 3.4.5.は、ライン読みの手順です。 毎回同じ順番で情報を仕入れる習慣をつけましょう。

1. 必ずボールからカップまでの距離を歩測して確認します。
2. ボールからカップまでが上っているのか、下っているのか?を確認します。
3. 左右の傾き(スライスorフック)を確認します。

この5つの項目はパッティングを成功させるために、最低限必要な情報となります。
3.4.5が毎回同じ手順で確認できるようになれば、プレーにリズムが出てパッティングのストロークが安定します。
安定すれば、芯に当たる回数が増えパッティングの成功率があがります。

パッティングのまとめ

今回パッティングの記事を書くにいたった経緯は、コースレッスンでのレッスン生の一言でした。
「わたし、パッティングが全然ダメなんです。教えてください。」

一度彼女のパッティングの打ち方を見て、どのように距離感を決めているのか?と質問したところボールからカップまでの距離はあいまいで上り下り、スライスフックも決めずにストロークしていました。
しかし、今回の記事の内容を伝え練習していくと明らかに芯でヒットできる回数が増えパッティングの距離も合うようになりました。

パッティング上達のためには、多くの経験が必要です。
ラインの読みやグリーンの速さは、何度も経験しないとわからないことが多いです。

パッティング上達のポイントは、ライン読みの手順(距離、上り下り、スライスフック)を守り、どんな風にボールが転がるかをイメージしストロークをすることです。

まずはあなた自身のパッティングの手順を確立しましょう。
打ち方やパターの種類は、「パッティングが上達するために必要な知識と練習方法」で解説しています。

記事を読んだすべての人の、パッティングが成功するように願っています。


[2019.07.30]
 

おススメの記事