すべてのゴルファーが知っておくべき最重要マナー2選!

ゴルフは審判がいないスポーツだからこそ、全てのプレーヤーが守るべきマナーが存在します。
マナーを守っているプレーヤーの組は、プレーもスムーズで談笑が聞こえ一日のゴルフが有意義なものになることが多いです。
しかし、中には周囲への配慮に欠けた振る舞いをする自己中ゴルファーの姿も見受けられます。
こんなゴルファーが一人はいるだけで、その日のゴルフが悲惨なことに…

今回は、あなたがこんなゴルファーにならないために知っておくべき最重要マナー2つを紹介します。

INDEX

  1. プレー中、大声で話す人はゴルファー失格
  2. プレーが遅い人は、ゴルファー失格
  3. 日頃の練習にオススメの練習器具

プレー中、大声で話す人はゴルファー失格

個人競技のスポーツとはいえ、同伴者と共にプレーすることが一般的なゴルフは、お互いが気持ち良くラウンドを進められるよう、相手への配慮やマナーを守ることが大切です。

特に注意してほしい行為は、大声でしゃべるゴルファーです。

プレー中であっても常に声が大きくてうるさい人は、周りから避けられてしまう可能性があります。中には隣のホールまで声が聞こえるほど、ショットするたびに一喜一憂している人がいますね。

あまりにひどいとマーシャルから注意を受けることもありますし、そうなると楽しくラウンドしていた同伴者の気持ちも下がりかねません。

「それだけでなく、前の組がまだティーイングエリアにいるにもかかわらず、その付近でおしゃべりを続けるような人も考えものです。同伴者の中には『おいおい、さすがにやめてくれよ…前の組に迷惑だろ…』と気にしてしまう人も多くいるでしょう」

この行為は、今後ラウンドに呼ばれなくなる可能性があるので、もし自分がひよっとしたらと思った人は、次回から改善しましょう!

プレーが遅い人はゴルファー失格

個人的に最も嫌われてしまう行為は『スロープレー』だと思います。前の組と1ホール以上も離れているのに、コース上でキャッキャしている人や、堂々とおしゃべりしながらゆっくりカートに戻るような人は、一緒にプレーするのをためらってしまいます。

また、スローつながりで『遅刻常習犯』も大迷惑です。同伴者はゴルフ場へ本人の代わりに謝る必要がありますし、スタッフもスタート時間を調整しなければいけません。最悪の場合ラウンドできないこともあるため、常習的な遅刻魔は『もう誘いません』となります。

さらに、飛球線の後方に立ったり、パッティングの際にカップの向こう側やラインの後方線上に立ったりすることもマナー違反です。私の体験上、コースレッスンに初めて参加する生徒の多くは、このようなNG行動を無意識に取ってしまいます。レッスンなのですぐに教えて行動を正してくれる方がほとんどですが、一般の方々にも同じような行動をしている人が多数いると思います。

ビギナーであれば、知らず知らずのうちにマナーに反した行動を取ってしまうことも考えられますが、ゴルフ歴がそれなりにあるにもかかわらず、このような振る舞いをしてしまうゴルファーはマナーの理解に乏しいことも。

周囲の状況を把握できずプレーヤーの視界に入ってきたり、ティーイングエリアの近くに来て別の組のショットを観察するような人は「ちょっとウザいな…」と感じてしまうものです。

ゴルファーのマナー向上のために、ラウンドのときに重要なのはビギナーだけで回らないことです。まずは、経験者やキャディーからしっかりマナーについて教えてもらうこと。そして、ベテランであっても自分で学ぶ姿勢が大切です。ゴルフは審判がいないため、全員が気持ち良くラウンドするために相手への配慮がとても重要です。

ラウンド中は自身のスコアを追い求めるだけでなく、他のプレーヤーへの配慮を常に心がけることが大切。正しいマナーを身につけて「また次も一緒にプレーしたい!」と思ってもらえるような“グッドゴルファー”を目指してみましょう。

日頃の練習にオススメの練習器具

プロモーションを含みます

スイング作りの基本グリップ作りに役に立つ器具

「グリップ先生」ボールに力を伝えるために良いグリップは必須です!

そのグリップの形を形成するための練習器具😄器具の突起に指を合わせてシャドースイング
瞬く間に良いスイングが身に付き、部屋の中でも練習できます。
amazonで見る

楽天市場で見る
有賀園ゴルフで見る

腕と身体を同調させるための練習器具

「三角先生」という前腕に装着して使用する練習器具
スイング中の正しい手首の動きを覚えると、一気にスイング技術が向上します。
その助けとなる練習器具。装着時はアプローチ練習から始めていきましょう!
スコアアップのためにも、最初に着用し練習することをおススメします!

amazonで見る

楽天市場で見る
ゴルフ5で見る

体幹を使うために、最適な練習器具

「スイングバット」という野球のバットにグリップがついた素振り専用の練習器具です。
重さと長さがあるので、体幹に力をいれてスイングする感覚がわかります。
コースでも、体幹に力をいれてスイングしないと良いショットは打てないですからね。
この商品は、通常の練習前やラウンド前に使用して身体をほぐすことができるのでそのような使い方もできます!
amazonで見る

楽天市場で見る

ゴルフ5で見る

距離感を養うための大きな武器

ラウンドのスコアを安定させるために、ピンまでの距離を正確に知る必要があります。

そのために、私は距離計測器を使用しています。GPSタイプやレーザータイプなど、かなりの種類が出ています。

安価なものになれば、ピンまで距離のみが出るタイプ。
高価なものになれば、ピンまでの距離、高低差が出るタイプ。

少し高い投資になりますが、高低差が出るタイプをおススメします。

距離と高低差がわかって、ショットをすれば距離感が身に付いてくるスピードも格段に速くなります。
正確に距離がわかる能力は、ゴルフのスコアを出すために不可欠です。

おススメは、『ニコン Nikon レーザー距離計 COOLSHOT クールショット PRO STABILIZED 高低差対応モデル』
私も使用しています。

詳しくは、各サイトで確認ください。

amazonで見る

楽天市場で見る

有賀園ゴルフで見る

ゴルフクラブの知識やゴルフスイングの記事もチェック

ゴルフクラブの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 ゴルフクラブ

スコアアップ・コースマネージメントの記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 コースマネージメント

ゴルフスイングの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 スイング知識

この記事が参考になったら、「いいね」をクリックお願いします!

この記事が気に入ったらぜひシェアをお願いします。
[2023.11.27]
 

おススメの記事