スコア100切りのためのパッティング方法は?

ゴルフを始めてからの最初の目標が、スコア100切り。

そして、スコア90切り、スコア85、シングルプレーヤーと徐々に目標を上げていくプレーヤーがいると思います。

ゴルフのスコアは、36ショット36パットの72ストロークという考え方なので、
パッティングの技術が向上すれば必ずスコアは良くなります。

今回は、スコア100切りのためのパッティングの技術と考え方を解説します。

INDEX

  1. スコア100切りは、99以内でラウンドすればよい
  2. ロングパットは、3パット 7メートル以内を2パット
  3. パッティングは、ボールの転がる速さをイメージする
  4. ラウンド前にオススメの練習器具

 

スコア100切りは、99以内でラウンドすればよい

スコア100切りは、多くのアマチュアゴルファーの最初の大きな目標となっています。
スコア100切りとは、18ホールのラウンドを99ストローク以内でまわればいいわけです。

18ホール PAR72のコースを、すべてボギー(パーより1打多く)でラウンドすれば、90ストロークになります。
そして、99ストロークになれば、ダブルボギー(パーより2打多い)ホールが半分で、達成できます。

単純に、ラウンド中に1ホール8や9のスコアを打たなければ、大丈夫です。

そのためにパッティングは、1ホール2パットもしくは3パットで終わる必要があります。

ロングパットは、3パット 7メートル以内を2パット

日本コースのグリーンの平均的な大きさを知っていますか?

???

ワングリーンのホールで、おおよそ奥行35メートル 横31メートルです。
つまりピンと反対側のグリーンの端に乗ったとするならば、最大30メートルのパッティングが残ります。

なかなかピンの反対側には乗らないので、余程のことがないかぎり30メートル以内のパッティングになります。

ここでのポイントは、10メートル以上のロングパットは3パット以内で終わるということです。

スコア100切りがまだのアマチュアゴルファーは、ロングパットになれば4パットや5パットをしている光景をよく見かけます。
それは、3パットで終わるというプランを計画せずにパッティングをしているからだと私は思います。

例えば15メートルのパッティングが残れば、
ファーストパットを5メートル以内
セカンドパットを30㎝以内
にする計画を立てればいいのではないでしょうか?
30cmのパッティングであれば、かなりに確率でカップインできます。

15メートルのパッティングで3パットで終えてガッカリしている光景をみかけます。
むしろよく耐えたと自分を褒めてあげるべきでしょう。

最後にスコアのまとめを記述しますが、ロングパットは3パットで終えるとスコア100切りの可能性がぐっと近くなります。

では、どの距離から2パットで終えればいいのか?というと、

私は7メートル以内とスクール生に伝えています。

グリーンのピンの長さが、7~8フィート(2m30cm くらい)なので、ピン3本分です。

ピン3本分の距離のパッティングを、ファーストパットで1メートル以内に寄せ、セカンドパットでカップインさせる。

これが理想的なラウンドです。

パッティングは、ボールの転がる速さをイメージする

パッティングの打ち方で、多くの相談を受けます。

私が思うパッティングのコツは、ボールの転がる速さをイメージする ことです。

???

と、最初は皆さん同じ反応をします。

ただこの方法で、パッティングが改善した人が多数いますので解説します。

パッティングのストロークの速さとボールの転がる速さはリンクしています。

のぼりのパッティングでは、
少し早い転がりのボールをイメージすれば、ストロークの速さも調整できます。
そして、
くだりのパッティングでは、
ゆっくり転がるボールをイメージすれば、ストロークもゆっくりになるはずです。

この方法で、カップまでの距離を合わせて狙っていきます。

たとえカップイン出来なくても、30㎝以内に止まれば2パットで終われるので目標達成です。

くだりの1メートルのパッティングを強く打ちすぎて、2メートル以上オーバーし3パットしている光景をよく見ます。

パッティングのコツは、最後のひと転がりでカップインさせる。

この考え方を習得すれば、18ホールのパッティングの数が激減するはずです。

スコア100切りの場合、99ストローク以内でラウンドすればいいので、
2パット9ホール3パット9ホールの45パット 54ショット という考え方ができますが、

3パットは20メートルのロングパットのみと考えれば、9ホールも20メートルのパッティングが残るラウンドは、まれです。

この考え方でパッティングすれば、ほとんどのラウンドで40パット前後で終わることができます。
あとは、59ショットをどのようにするか?を考えれば、
スコア100切りが現実になってきます。

パッティングは、シングルプレーヤーになっても重要な要素です。

必ず転がる速さをイメージして、素振りやストロークの練習をしましょう。

一人でも多くのプレーヤーが、スコア100切りを達成することを願っています。

ラウンド前のオススメの練習器具

コースに着いて、身体をほぐすために役に立つ器具

朝日ゴルフから発売されている 「ゴルとれ」シリーズです。

シリコンで出来ていて、伸び縮みするので、スタート前にストレッチに最適😄

私もスタート前に使用しています。

amazonで見る 楽天市場で見る 有賀園ゴルフで見る

パッティング練習で、フェースの向きをチェックする練習器具

目標に対して、フェースの向きをチェックする練習器具です。

フェースの向きが、目標に対して右を向いたり左を向いたりしている人が予想以上に多いです。

目標方向にフェースが向くようになれば、カップインの確率は一気にあがります。

気になる人は、毎回チェックするべきです。

amazonで見る 楽天市場で見る 有賀園ゴルフで見る

ドライビングレンジがない時に、最適な練習器具

「コアスイング」という羽がついている素振り専用の練習器具です。

スイングした時に、羽が空気抵抗になるので、体幹に力をいれてスイングする感覚がわかります。

コースでも、体幹に力をいれてスイングしないと良いショットは打てないですからね。

この商品は、通常の練習でも使用できるのでおススメです。

amazonで見る

楽天市場で見る

有賀園ゴルフで見る

ゴルフクラブの知識やゴルフスイングの記事もチェック

ゴルフクラブの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 ゴルフクラブ

ボールが飛ぶ科学の知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 どのようにボールが飛ぶのか?

ゴルフスイングの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 スイング知識

レッスンやゴルフクラブに関するご質問あれば、下のQRコード(URL)を
読み込んで公式LINEへ登録⭐ 一対一で個別にご連絡させて頂きます!

この記事が参考になったら、「いいね」をクリックお願いします!
この記事が気に入ったらぜひシェアをお願いします。
[2022.09.03]
 

おススメの記事