ゴルフクラブの重さは、スイングと深い関係がある。

みなさんが、現在使用しているゴルフクラブ。
ゴルフスイングのレベルを上げる要素の一つとして重要な役割があります。

ゴルフクラブの性能を分類しても、ロフト角、ライ角、長さ、重さなど、に分けれますが、
今回は、スイングバランスとクラブの総重量について解説します。

INDEX

  1. スイングバランスと総重量は、セットで考えてクラブを選ぶ
  2. ゴルフクラブで、一番重たいクラブは何?
  3. ゴルフクラブ13本の総重量のセッティングには、セオリーがある。
  4. 日頃の練習にオススメの練習器具

 

スイングバランスと総重量は、セットで考えてクラブを選ぶ

スイングバランスとは、ゴルフクラブを振った時に感じる重さの尺度になります。

軽い方から記号でA,B,C,Dの順に重さを区分し、さらにそれぞれ10ポイントに細分化されています。

男性の一般アマチュアで、D0前後が平均的で、女性ではB9~C1のゴルフクラブが使用されています。

ただゴルフクラブの重心位置の違いやシャフトの違い(カーボンシャフトとスチールシャフト)により、スイング中に体感するクラブヘッドの重たさが大きくかけ離れるので、シャフトの違いや総重量を考慮してかんがえる必要があります。

単純に考えると、クラブヘッド側が重たくなれば数字が大きくなり、グリップ側が重たくなれば数字が小さくなります。

プレーヤーが使用するクラブのヘッドバランスが、重たすぎればヘッドスピードが遅くなり飛距離が低下しダフリやすくなると言われています。
そして軽すぎれば、ヘッドスピードは速くなりますが、スイング軌道が不安定になりミート率が低下したりトップボールが出やすくなると言われています。

ちなみに私は、ヘッド側が重たくなると振り遅れる傾向にあるので、ドライバーは総重量は重たくしバランスD0にセッティングしています。

個人が感じるゴルフクラブのバランスは、プレーヤーの技量や筋力が変化すれば、感じる重さも変わってきます。
セオリーとすれば、筋力が低下すればバランスを軽くし増強すれば重たくすれば良いです。

ちなみに、スイングバランスは各メーカーのパンフレットに必ず記載されています。

 

ゴルフクラブで、一番重たいクラブは何?

「ゴルフクラブの中で一番重たいクラブは何?」という問いに「ドライバー」と答える人が多くいます。

しかし、ドライバーの重さは、どのクラブよりも軽く、ショートアイアンやウエッジの方が重たいです。
これは、スイングをした時に感じる重さからきているものと思われます。
ドライバーは他のクラブに比べて重心がグリップ側から一番遠いところにあり、振ってみると遠心力の関係で重たく感じるのです。一方、ショートアイアンは重心までの長さが短いため、軽く感じる傾向になります。

各プレーヤーの感覚により、同じクラブでも振りやすかったり振りにくかったりするので、正しい知識を身につけプレーヤー自身がベストなゴルフクラブを選択できるようになる必要があります。

ゴルフクラブ13本の総重量のセッティングには、セオリーがある。

ゴルフクラブの13本(パターを除く)には、すべてのクラブを同じ感覚で振れるようにするセッティングのやり方があります。

そのやり方は、総重量をドライバーを一番軽くし、クラブが短くなれば徐々に軽くしSW(サンドウェッジ)で一番重たくなるようにセッティングする方法です。

ちなみに私のクラブは、

1W 330g

3W 341g

4W 342g

H3 383g

4I 413g

5I 420g

6I 427g

7I 433g

8I 440g

9I 448g

PW 456g

AW 462g

SW 464g

の重量でセッティングしています。

アイアンの番手が、1番手かわるごとに7g重くなりショートアイアンになれば8g重たくなっていることがわかります。

例えば8番アイアンと9番アイアンの総重量が同じならば、0.5インチ長さが違うので、同じ感覚で振りにくくなりスイングが乱れやすくなります。

スイングの違和感は、プレーヤーが気づかない間に無意識に起こります。
もし総重量が極端に重たくなった軽くなったりするクラブが13本の中にあれば、きっと振りにくく感じるはずです。

そのクラブをコースで使用しミスショットをしたとしても、クラブの重量の影響だと自分自身で気付かないはずです。

一度、ご自身のゴルフクラブの総重量を測定し、正しくセッティングできているのか確認しましょう。
ゴルフ上達には、ゴルフクラブのセッティングを正しくする方法が近道です。

日頃の練習にオススメの練習器具

プロモーションを含みます

スイング作りの基本グリップ作りに役に立つ器具

「グリップ先生」ボールに力を伝えるために良いグリップは必須です!

そのグリップの形を形成するための練習器具😄器具の突起に指を合わせてシャドースイング
瞬く間に良いスイングが身に付き、部屋の中でも練習できます。
amazonで見る

楽天市場で見る
有賀園ゴルフで見る

腕と身体を同調させるための練習器具

「三角先生」という前腕に装着して使用する練習器具
スイング中の正しい手首の動きを覚えると、一気にスイング技術が向上します。
その助けとなる練習器具。装着時はアプローチ練習から始めていきましょう!
スコアアップのためにも、最初に着用し練習することをおススメします!

amazonで見る

楽天市場で見る
ゴルフ5で見る

体幹を使うために、最適な練習器具

「スイングバット」という野球のバットにグリップがついた素振り専用の練習器具です。
重さと長さがあるので、体幹に力をいれてスイングする感覚がわかります。
コースでも、体幹に力をいれてスイングしないと良いショットは打てないですからね。
この商品は、通常の練習前やラウンド前に使用して身体をほぐすことができるのでそのような使い方もできます!
amazonで見る

楽天市場で見る

ゴルフ5で見る

距離感を養うための大きな武器

ラウンドのスコアを安定させるために、ピンまでの距離を正確に知る必要があります。

そのために、私は距離計測器を使用しています。GPSタイプやレーザータイプなど、かなりの種類が出ています。

安価なものになれば、ピンまで距離のみが出るタイプ。
高価なものになれば、ピンまでの距離、高低差が出るタイプ。

少し高い投資になりますが、高低差が出るタイプをおススメします。

距離と高低差がわかって、ショットをすれば距離感が身に付いてくるスピードも格段に速くなります。
正確に距離がわかる能力は、ゴルフのスコアを出すために不可欠です。

おススメは、『ニコン Nikon レーザー距離計 COOLSHOT クールショット PRO STABILIZED 高低差対応モデル』
私も使用しています。

詳しくは、各サイトで確認ください。

amazonで見る

楽天市場で見る

有賀園ゴルフで見る

ゴルフクラブの知識やゴルフスイングの記事もチェック

ゴルフクラブの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 ゴルフクラブ

スコアアップ・コースマネージメントの記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 コースマネージメント

ゴルフスイングの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 スイング知識

この記事が参考になったら、「いいね」をクリックお願いします!

この記事が気に入ったらぜひシェアをお願いします。
[2024.05.22]
 

おススメの記事