初心者でも、即実践できるラウンド時間を短縮できるコツ

一緒にこの人とまたラウンドをしたいって思われるゴルファー、もうこの人とはラウンドをしたくないって思われるゴルファーの2パターンのゴルファーがいると思います。

あなたは、どちらのゴルファーになりたいですか?

もちろん、また一緒にラウンドしたって思われるゴルファーですよね。
そのように思われるゴルファー、そうでないゴルファーの違いってどこにあるでしょうか?
それを、今回は解説しながら、改善策を示していきます。
初心者にも、即実践できる方法もありますので、ぜひ、参考にしてください!

INDEX

  1. ゴルフは人間性が垣間見えるスポーツ
  2. この中でも、スロープレーは工夫次第で防げる
  3. 日頃の練習にオススメの練習器具

ゴルフは人間性が垣間見えるスポーツ

ラウンドでは同伴者と半日以上の時間を共にし、審判がいないスポーツでもあるゴルフは、全てをプレーヤー自らで判断・対処する必要があります。そのためか、ゴルフは良くも悪くも人間性が出やすいスポーツと呼ばれることも。

個人競技のスポーツとはいえ、同伴者と共にプレーする以上、ラウンド中は相手への配慮やマナーを守ることが求められますが、「こんな人とは二度と一緒に回りたくない!」と相手を不快にさせてしまうゴルファーの特徴について、以下のことがあげられます。

ゴルフに限らず、人に嫌われる行為というのはある程度共通していると思います。
例えば、ちょっとしたミスで不機嫌な態度をとる人や、マイナス思考でグチが多かったりとネガティブな側面が強い人です。
そのような人に対して、好んで一緒にゴルフをしたいと思う人はあまり多くないでしょう

他にも自己中心的、協調性や責任感がない、自分の非を認めないなど、いかにも煙たがられそうな人とのラウンドも避けたいと思うのは当然ですよね。

ゴルフは人間性が垣間見えるスポーツなので、嫌われやすい人の特徴も見えやすいです。
例えば、自分のスコアを良く見せたいがために過少申告をしたり、求めてもいないのに技術的なアドバイスをしてくる人も、少し距離を置きたくなってしまいます。
さらに、他の組やゴルフ場のスタッフに対して横柄な人も、一緒にラウンドしたいとは思わないでしょう。

ラウンド中の注意点では、他の人がショットする場面でも話をやめずにしゃべっていたり、グリーン上で自分のラインを読むことに夢中で、同伴者の邪魔になっているケースも考えものです。
ゴルフでは自分の世界につかるのではなく、周りを見渡して余裕を持ったプレーができる人が好かれると思います!

また、スロープレーになってしまうプレーヤーも要注意。
スロープレーが顕著な人は、ショットをするまでのルーティンが必要以上に長かったり、移動がダラダラしていたりと、周りへの配慮が欠けている人が多い印象です。

この中でも、スロープレーは工夫次第で防げる

スロープレーは、ショットが定まらない初心者が一番気にされる事柄ですが、ラウンド中のコツを覚えればラウンド時間を短縮することが可能です。

スロープレーに陥らないためのコツは、移動時間をどれだけ短縮できるかです。
例えば、ショット地点までは息が切れない程度の小走りで移動したり、次のホールへ移動する際は、クラブを持ったままカートに乗り込む。
この2つを意識するだけで、かなりの時間が短縮できます。

クラブの入れ替えは、次のホールでのティーショット前に行いましょう。
また、グリーン上でスコアをつける行為も避けるべきです。
たったこれだけの行動でも、30秒ほどの時間短縮につながるので、18ホールで常に実践していれば9分近く短縮できることになります。

「最近めっきりラウンドに誘われなくなった…」と感じたら、自らの行動を振り返るときかもしれません。
ラウンド中は自分勝手な言動を慎み、スムーズな進行と他者への配慮やマナーを守ることが何より大切なことであると言えそうです。

日頃の練習にオススメの練習器具

プロモーションを含みます

スイング作りの基本グリップ作りに役に立つ器具

「グリップ先生」ボールに力を伝えるために良いグリップは必須です!

そのグリップの形を形成するための練習器具😄器具の突起に指を合わせてシャドースイング
瞬く間に良いスイングが身に付き、部屋の中でも練習できます。
amazonで見る

楽天市場で見る
有賀園ゴルフで見る

腕と身体を同調させるための練習器具

「三角先生」という前腕に装着して使用する練習器具
スイング中の正しい手首の動きを覚えると、一気にスイング技術が向上します。
その助けとなる練習器具。装着時はアプローチ練習から始めていきましょう!
スコアアップのためにも、最初に着用し練習することをおススメします!

amazonで見る

楽天市場で見る
ゴルフ5で見る

体幹を使うために、最適な練習器具

「スイングバット」という野球のバットにグリップがついた素振り専用の練習器具です。
重さと長さがあるので、体幹に力をいれてスイングする感覚がわかります。
コースでも、体幹に力をいれてスイングしないと良いショットは打てないですからね。
この商品は、通常の練習前やラウンド前に使用して身体をほぐすことができるのでそのような使い方もできます!
amazonで見る

楽天市場で見る

ゴルフ5で見る

距離感を養うための大きな武器

ラウンドのスコアを安定させるために、ピンまでの距離を正確に知る必要があります。

そのために、私は距離計測器を使用しています。GPSタイプやレーザータイプなど、かなりの種類が出ています。

安価なものになれば、ピンまで距離のみが出るタイプ。
高価なものになれば、ピンまでの距離、高低差が出るタイプ。

少し高い投資になりますが、高低差が出るタイプをおススメします。

距離と高低差がわかって、ショットをすれば距離感が身に付いてくるスピードも格段に速くなります。
正確に距離がわかる能力は、ゴルフのスコアを出すために不可欠です。

おススメは、『ニコン Nikon レーザー距離計 COOLSHOT クールショット PRO STABILIZED 高低差対応モデル』
私も使用しています。

詳しくは、各サイトで確認ください。

amazonで見る

楽天市場で見る

有賀園ゴルフで見る

ゴルフクラブの知識やゴルフスイングの記事もチェック

ゴルフクラブの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 ゴルフクラブ

スコアアップ・コースマネージメントの記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 コースマネージメント

ゴルフスイングの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 スイング知識

この記事が参考になったら、「いいね」をクリックお願いします!

この記事が気に入ったらぜひシェアをお願いします。
[2023.11.29]
 

おススメの記事