テーラーメイド&キャロウェイ 2020年新商品のキーワードは空気抵抗!?

2020年2月7日、テーラーメイドとキャロウェイから新商品となる「SIM」と「MAVRIK」が発売されました。

ゴルフクラブブランドの最大手の両社が出すクラブは、いつも想像の上をいく新技術を搭載して我々を魅了します。

今回の新クラブは両社とも「空気抵抗の減少によるヘッドスピードの増加」を取り入れ、ゴルファーのポテンシャルの限界値を引き上げてくれるものとなりました。
前作からの進化を中心に各クラブの特徴を「クラブ選び名人 鈴木」が解説し、「かわばたコーチ」が試打の感想、おススメのクラブを紹介します。

INDEX

  1. テーラーメイド SIMシリーズ
  2. キャロウェイ MAVRIKシリーズ
  3. オススメはどれ?

 

テーラーメイド SIMシリーズ

前作までのシリーズである「M」を完結させ、新たにSIM(SHAPE IN MOTION)の名を冠する新ブランドを投入してきました。

これまでのMシリーズで搭載してきた

スピードポケット → 初速アップ
ツイストフェース → 安定性向上
スピードインジェクション → 反発係数の向上(初速アップ)

上記の技術を継続して採用したまま、新たに下記の新技術が搭載されました。

イナーシャジェネレーター → ヘッドスピードの向上 安定性の向上

本来ドライバーのヘッド形状において、空力性能と寛容性は両立しがたい項目でした。
しかし、この新技術を搭載することで本来は相反することが多い「空気抵抗の減少によるヘッドスピードの向上」と「高慣性モーメントによる安定性の向上」の両立に成功しました。

SIMシリーズのヘッドは、2種類。
「SIM」 と「SIM MAX」です。

違いは大きく分けて、クラブ重量・ソールのウェイトの重量・フェースの大きき・移動式のウェイトの有無になります。

ヘッドスピードが早い人や、操作性も求める中上級者なら「SIM」がオススメ。
標準的なヘッドスピードの方や、安定性を求める初中級者なら「SIM MAX」がオススメです。
テーラーメイド公式サイトでクラブを見る

キャロウェイ MAVRIKシリーズ

対するキャロウェイも新シリーズMAVRIKを立ち上げ、テーラーメイドに対抗してきました。
MAVRIKには「型破り」などの意味があり、今までにない想像力豊かなクラブを生み出すキャロウェイの新ブランドに相応しい名前となっています。

MAVRIKもEPICシリーズに搭載してきた

JAILBREAKテクノロジー(フェースの2本の柱) → 初速アップ
FLASH フェース → 初速アップ

上記の技術を継続して採用したまま、新たに下記の新技術が搭載されました。

New A.I.FLASH SS20フェース → 初速アップ 安定性の向上 最適なスピン量
高強度FS2Sチタンフェース → 初速アップ
New CYCLONE ヘッドシェイプ → ヘッドスピードの向上

進化したフェース形状を搭載したことで、前作に比べてオフセンターヒット時のバラつきや飛距離のロスが大きく改善されました。
また新素材のフェースで初速を伸ばし、新形状のヘッドで空気抵抗を減少させヘッドスピードを向上と、更なる飛距離アップも追及。

MAVRIKシリーズのヘッドは、3種類。
STD(スタンダード)・MAX・SZ(SUBZERO)

ヘッドスピードが
遅い人はMAX、
標準ならSTD(スタンダード)
速いなら(SUBZERO)
がオススメです。
キャロウェイ公式サイトでクラブを見る

オススメはどれ?

かわばたコーチです。
実際に4種類のヘッドを、シャフト「ディアマナZF60S」装着で試打しました。

正直なところ、ヘッドスピードが標準以上の方ならテーラーメイド・キャロウェイ共に甲乙が付けがたいです。それぐらい高いレベルで仕上がったクラブと言えます。

すべてのクラブの芯が広くなったため、ある程度スイートスポットを外しても、飛距離のロスが少なくなった印象です。
ただ打感と音は、芯を広くしたことによる弊害なのか? 芯に当たってもある程度はずしても、わかりずらいです。

その中でも、一番打感がわかりやすかったクラブが、「SIM」です。
人それぞれの好みもありますが、私は「SIM」をおススメします。

SIMだから難しいSIMMAXだから簡単、SZだから難しいSTDだから簡単と決め付けず、各スペックを試打して検討しましょう。

実際、松山英樹選手は、「SIM MAX」を使用し、ツアーを戦っています。(2020年1月現在)
おそらくさまざまなクラブを試打した結果、「SIM MAX」が自分自身のフィーリングと合ったのだと思います。
世界屈指のトッププレーヤーが簡単だから「SIM MAX」を選んだとは、考えにくいです。自分自身の振りやすさやコントロールのしやすさを固定観念なしに選んだのだと思います。

ですので、自分自身で打って決めることは重要です。

先ほど挙げた4種類はカスタムシャフトが選べるので、自身のヘッドスピードと相談して理想の1本を見つけましょう。
(テーラーメイドの公式オンラインショップでは、カスタムシャフトのオーダーが可能です。)

ヘッドスピードが遅めの人は、今回の新商品の中ではMAVRIK MAXが軽量で振りやすく高弾道の球が打ちやすいのでオススメです。
SIMシリーズは少し重いかも…と思った人は、テーラーメイドで探すなら別ブランドのMグローレシリーズも検討してみましょう。

最近の大型ヘッドの進化は、目覚ましくストレートに近いボールを打ちやすくなりました。
弊害としては、少しのミスヒットでも飛んでくれるので、芯をはずしたのかどうかがわかりずらいです。
そのため、その日の調子のバロメーターを自分自身で把握しずらくなる印象です。
ただ飛距離のロスが少ないということは、その日の調子が悪くてもティショットのアドバンテージが取りやすいので、スコアには結びつけやすくなるでしょう。

やはりドライバーを変えるなら、最新のクラブがいいですね。
amazonで、SIMを見る

楽天で、SIMを見る

amazonで、MAVRIKを見る

楽天で、MAVRIKを見る

ほかのゴルフの記事もチェック

サイトで公開している練習方法の一覧記事

【特集】良いゴルフスイングを作る さまざまな練習方法

ゴルフクラブの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 ゴルフクラブ

ゴルフスイングの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 スイング知識

ご自身のスイングで悩みがありましたら、ぜひ相談ください。相談は無料です。

かわばたコーチに相談する

[2020.02.10]
 

おススメの記事