打球が力強くなる練習方法 両手はなし打ち

練習場でスイングを形成していく中で、さまざまな動きを覚える必要があります。

ゴルフスイングは、一般の生活で使用しない身体や腕の動きがあります。効果的に覚えるために、「ドリル」といわれる練習方法があります。

今回は、いろいろある練習方法のなかで「両手はなし打ち」を紹介します。

INDEX

  1. 両手はなし打ちの練習方法
  2. 上半身の回転と腕の動きが改善される 両手はなし打ち

 

両手はなし打ちの練習方法

まずは、ドリルの一番のポイントとなるグリップです。

写真のように両手のあいだを少し開けて持ちます。
持つ手のあいだをあけるだけで、いつも持っているグリップの形と変わらないように注意しましょう。

構えは、通常のスイングと同じようにします。

スタンスの幅やボール位置、重心位置、前傾の角度などは一切変わりません。

変わっているのは、持ち方のみです。

ありがちな構えのミスは、グリップのあいだを少しあけて持っているため、右ひじのポジションが通常より前に出て肩のラインが左に向きやすいので注意しましょう。
もし、練習していて、左へのひっかけボールが多く出れば、構えで右ひじが前に出ている可能性があります。必ずチェックしましょう。

バックスイングでは、両手のあいだを少しあけているので右ひじを旋回しやすくなります。
トップオブスイングまで、常に右ひじが地面を指すように右腕を外旋させましょう。

そして、フォロースルーでは左ひじが地面を指すように振っていきましょう。

腕の力で、力まかせにクラブを振ると左ひじがインパクト以降引けてきます。
左ひじの引けは、ボールに力が伝わらない動きになります。注意して修正しましょう。

最後、フィニッシュでは、両肘が地面を指すようにクラブをおさめます。

一連の流れは、記事の最後の動画で確認しましょう。

上半身の回転と腕の動きが改善される 両手はなし打ち

少しクラブを持つ両手の感覚をあけることで、スイング中の両肘の動きがわかるようになります。

バックスイングでは、右ひじのローテーション、
フォロースルーでは、左ひじのローテーション。

良いスイングとは、
バックスイングからトップオブスイングにゴルフクラブが動く間に、右腕が外旋(親指を外側に回転させる動き)しトップオブスイングで、肘が直角の形を作り地面を指します。そして、インパクトからフォロースルーにかけ、次は左肘が外旋し大きなフォロースルーを作りボールを運びます。

肘のローテーションを覚えると、スイング中に上半身の回転と腕の振りが同調してきます。
その結果、インパクトでボールに力が伝わり力強いボールが打てるようになるのです。

一見、インパクトでフェースを返しながらボールをヒットする動きと勘違いされがちですが、
イメージクロックの7時ー5時でフェースが大きく左右どちらかに向くと大きなミスの原因になります。

「両手はなし打ち」の一番の練習ポイントは、スイング中の肘の動きを覚えることです。
練習のポイントを間違わず、練習しましょう。

もし「両手はなし打ち」で上手く打てない人は、スイング中の軸のブレが大きい可能性があります。
その場合、記事の最後にある「両足そろえ打ち」とセットで練習しましょう。

ほかのゴルフの記事もチェック

サイトで公開している練習方法の一覧記事

【特集】良いゴルフスイングを作る さまざまな練習方法

ゴルフクラブの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 ゴルフクラブ

ボールが飛ぶ科学の知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 どのようにボールが飛ぶのか?

ゴルフスイングの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 スイング知識

ご自身のスイングで悩みがありましたら、ぜひ相談ください。相談は無料です。

かわばたコーチに相談する

[2020.01.19]
 

おススメの記事