アナタにフィットするパターは、重心アングルが関係してくる!

ゴルフスコアをまとめるために、パッティングの回数が、かなり重要です。

「今日のグリーンは、パターのタッチが合ったな!」
「今日のグリーンは、パターのタッチがまったく合わなかったな!」

なぜ、パターは変えていないのに、このようなことが起こるのでしょうか?
人の体調は日々変化するものなので、毎日感覚は違うと言ってしまえば、それまでですが、理屈で考えればパターの重心アングルが関係している可能性があります。

今回は、ジツはパターを選ぶうえで重要な重心アングルを解説します。

INDEX

  1. パターの重心アングルとは?
  2. 重心アングルによって、グリーンとの相性がある
  3. 臨機応変に対応しやすいフェースバランスのパター

 

パターの重心アングルとは?

パター選びの優先順位は、ひとそれぞれだと思いますが、ほとんどのプレーヤーは「構えやすさ」ではないかなと思います。

では、二番目は?
「インパクトの打感」ですかね。

ほとんどのプレーヤーは、2つのポイントでパターを選んでいるのではないですか!

私は、さらにもう一つ 選ぶポイントを加えます。

「重心アングル」です。

重心アングルとは、写真のようにテーブルにパターを置いたときにフェースの向く方向(傾き)です。
写真の4本のパターは、すべてフェースの向きが違う方向を向いています。

では、フェースの傾きによってなにがかわるかというと、インパクトのフェースの向きの再現性が変わります。
パッティングのストロークをするときにフェース面は少なからず開閉します。重心アングルが大きくなればフェースの開閉も大きくなります。小さくなれば小さくなります。
プレーヤーの感覚によって、フェースの開閉が大きいほうがインパクトでフェースをスクエアに戻しやすい人もいれば、小さいほうが戻しやすい人もいます。
そのため、いろいろなパターンのパターが世の中に出回っています。

アナタのパッティングストロークと重心アングルが合えば、インパクトでスクエアに戻りやすく
「このパターは、打ちやすい」と感じる要素になっています。

そのため、パターの打ちやすい打ちにくいは、重心アングルが少なからず関係しています。

すべてのパターがそうではないですが、
L字のヘッド形状はフェースのトゥが下を向きやすく
センターシャフトはトゥが地面に平行になるモデルが多くあります。

フェースが地面に平行になるモデルを「フェースバランス」といい、もっともフェースの開閉が少ないモデルとなります。
どの重心バランスが、自分自身に合うのかは、打ってみて考えましょう。一人一人違うはずです。

では、次はフェースの重心バランスによってのグリーンとの相性を解説します。

重心アングルによって、グリーンとの相性がある

パターの重心アングルにより、プレーヤーのインパクトの再現性が変わると解説しましたが、
物理的な観点から見るとプレーヤーの意思とは関係なしにトゥが地面を大きく向くモデルほど、インパクトを強く打てる構造となります。

ということは、

コースのパターグリーンが速ければ速いほど、フェースの開閉が少ないモデルがタッチが出しやすく
フェースの開閉が大きいモデルほど強めのタッチになりやすい傾向になります。

プロゴルファーが、試合のコースによりパターを変更するのは、フェースの開閉の大きさを変更しパッティンググリーンに合わせていると言えるでしょう。

アナタも、自分の使用しているパターの重心アングルを確認し、グリーンとの相性を確かめてはどうでしょうか?

私は、3本のパターをコースのコンディションによって変えています。

1.ベティナルディ― マレットセンターシャフト
2.スコッティーキャメロン サンタフェ
3. オデッセイ #9HT プロタイプ

3本とも重心アングルが違うので、

遅  いグリーン  オデッセイ #9HT
少し速いグリーン  スコッティーキャメロン サンタフェ
速  いグリーン  ベティナルディー マレットセンターシャフト

です。

そのなかでも、ベティナルディーのパターが臨機応変に対応しやすいので、解説します。

臨機応変に対応しやすいフェースバランスのパター

ベティナルディーのパターの重心アングルは、自然と平行になるフェースバランスです。

フェースバランスの特徴は、ストローク中のフェースの開閉がほとんど無くなることです。

そのため、最もまっすぐ引きやすいパターの形状だと言われています。

フェースバランスのパターであれば、グリーンが遅い場合は大きくゆったりストロークし、速い場合は、小さくゆったりストロークします。

私は、この方法でさまざまなグリーンに対応しています。

ストロークが速くなれば、ヒッカケやプッシュなどのミスが出やすいので、
パッティングはゆっくり転がるボールをイメージしゆっくりストロークしましょう。

最後に、フェースバランスでミスヒットでもブレの少ないパターを紹介します。

テーラーメイドTRUSSパターです。

ヘッドのタイプは、4種類

テーラーメイドTRUSSパター TB1

テーラーメイドTRUSSパター TB2

テーラーメイドTRUSSパター TM1

テーラーメイドTRUSSパター TM2

その中でも私のおススメは、TM2です。

興味がある人は、ぜひ試してください。
amazonで見る

楽天市場で見る

有賀園ゴルフで見る

ほかのゴルフの記事もチェック

ゴルフクラブの知識やゴルフスイングの記事もチェック

ゴルフクラブの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 ゴルフクラブ

ボールが飛ぶ科学の知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 どのようにボールが飛ぶのか?

ゴルフスイングの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 スイング知識

ご自身のスイングやゴルフクラブの購入・検討で悩みがありましたら、ぜひ相談ください。相談は無料です。

かわばたコーチに相談する

[2020.08.08]
 

おススメの記事