飛距離をアップさせるには、遠心力を使え!

飛距離をアップさせるには、振り子運動による遠心力を最大限に使う必要があります。
クラブヘッドを加速させる原理、知っていますか?

INDEX

  1. スイングは、振り子運動の原理を使う
  2. 振り子運動の原理を、スイングに落とし込む
  3. 飛距離アップのコツは、インパクトで上半身を右に残すことだ!

 

スイングは、振り子運動の原理を使う

飛距離をアップさせるためには、インパクトでボールに大きな力を伝える必要があります。
そのために、ヘッドスピードをフル活用しましょう。

まずは、クラブヘッドを加速させる原理から覚えましょう。
クラブヘッドを加速させるために、ゴルフクラブのグリップエンドを支点とした振り子運動を完成させる必要があります。
グリップエンドをつまんで、ヘッドをグリップエンドと同じ高さから放したときにクラブヘッドは左右にゆらゆら揺れます。
この時に、クラブヘッドは円周の最下点に向け加速します。
スイング理論は、この作用を取り入れて考えられています。
では、この原理を元にスイングに落とし込みましょう。

振り子運動の原理を、スイングに落とし込む

ゴルフスイングの支点は、両手を広げた真ん中だと考えられています。大体ノドぼとけの少し下あたりですね。

この場所をスイングセンターといいます。

スインズセンター説明図

スイングセンターを支点にして、左右にクラブヘッドを振ります。
ゴルフスイングは2本の腕で行いますので、2本の腕の中心がスイングセンターと連動することにより振り子が発生します。
もしスイングセンターが左右にズレながらスイングするとクラブヘッドは加速しません。ですので、スイングセンター中心に左右に身体を回転させましょう!

次に注意すべきポイントは、人には足が2本ついています。
このため、スイングセンターはキープしながら足の幅だけ重心は左右に動きます。これも要注意です。
まったく足を動かさず、上半身を左右に動かすことは人の構造上無理なのです。

ゴルフスイングは、スイングセンターと重心バランスが2大ポイントになります。

上の説明を読んで、センターをキープしてスイングできないのではないかと思われた人、ここからが飛距離アップのコツですよ。

飛距離アップのコツは、インパクトで上半身を右に残すことだ!

ゴルフスイングは、バックスイングからトップオブスイングまで上半身が右を向きます。その時にスイングセンターをキープしながら重心が右に移動します。そして、トップオブスイングからインパクト・フォロースルーにかけて重心が左に移動します。
最後にフィニッシュでは、左足1本で立てる形で振ります。

 

スイングの動きの中で、インパクトで

「スイングセンターがボールよりも右・重心は左足に移動という形」

をつくることができればクラブヘッドは自分の持てる最大限の力を発揮します。

つまり、トップオブスイングからインパクトまで重心は左へ移動させるのですが、上半身は右サイドをキープするというスイングを身につける必要があります。
スイングのトレーニング方法は、ハーフスイングを繰り返し練習するのが有効です。

スイング理論を知って、頭の中でスイングの形をイメージし、ハーフスイング練習の繰り返しで、飛距離のアップは可能です。
少しの練習では身にはつきませんので、最低でも500球は頑張りましょう。

[2019.01.13]
 

おススメの記事