ビックリするくらい 当たりが良くなる練習方法 右手1本打ち

ボールに、自分の持っている力を、すべて伝えたくはないですか❗❓

ゴルフをするプレーヤーなら、誰しも願うことだと思います。

ボールに力を伝えるために、練習場で適当にボールを打っても、その技術は身に付きません。
身に付けるためには、特殊な練習方法が必要になります。

その練習方法が、「右手1本打ち」です⛳

良いゴルフスイングとは、構えの形から体幹部分が上下左右にブレずに回転し、その回転に腕が連動する動きになります。

その形を効率よくできるのが、「右手1本打ち」なので、オススメの練習方法です。
今回はボールにパワーを伝えれるようになる「右手1本打ち」の効果と練習方法を解説します。

INDEX

  1. ボールに力が伝わるようになる 右手1本打ち
  2. 右手1本打ちの練習方法
  3. 合わせて、知っておきたい練習器具 特集

 

ボールに力が伝わるようになる 右手1本打ち

右手1本打ちとは、読んで字のごとく右腕1本でボールを打つ練習方法です。

では、右手1本打ちの効果から解説します。

右手1本打ちの一番大きな効果は、ボールに力が伝えられることです。

どういうことかというと、止まってるボールに大きな力を伝えようとするなら、体幹部分と腕が同調しなければなりません。

例えば、
インパクトでクラブヘッドがボールに当たるときに、右わきが開いた状態になれば力が伝わると思いますか❓

下記の写真のような形ですね😅

もちろん、伝わらないですよね。
このような形でインパクトを向かえれば、飛球は弱弱しく左へ飛ぶでしょう。ヒッカケという飛球です。

では、どのようなインパクトがいいのかというと、下記の写真のような形です。

右肘は、軽く曲がった状態+右手首の形をキープしながら前傾を保ってインパクトを向かえる形ですね。

このような形になると、ボールに力が伝わります。

右手1本打ちが上達すれば、この形が作りやすくなるのです😆

スイングの詳しくは、「ゴルフのフルスイング徹底解剖-理想のスイングの形をイメージしよう!」のトップオブスイングからフォロースルーまでで確認しましょう。

右手1本打ちが、上手くなって飛距離が伸びたプレーヤーが多数います。

ぜひ、練習場でやってみましょう。

では、右手1本打ちの練習方法を解説します。

右手1本打ちの練習方法

右手1本打ちは、通常のスイングと同じスタンス幅、グリップの位置で構えます。


そこから、左手を放して左手1本でクラブを持ちます。

スイング幅は、8時ー4時よりも少し大きいくらいの振り幅でやります。
そのため、9番アイアンやウエッジでアプローチ感覚で練習をしましょう。

トップの位置は、写真の位置です。

そこから、下半身始動で身体を回転させてインパクト。
インパクト時には、右肘は軽く曲がり右手首の角度をキープしましょう⛳

そして、フォロースルーまで、身体を回転させて写真の位置でフィニッシュ。

一度、実践してもらえればわかりますが、キレイな形で行うには、かなりの難易度の練習方法になります😅

しかし、習得することでゴルフスイングのレベルは一気にあがります。
毎回のゴルフ練習場での練習に組み込んでいきましょう。

そして、右手1本打ちがあるなら、左手1本打ちもあるでしょって思った人

正解です🎉

左手1本打ちもありますので、別記事で確認して合わせて練習していきましょう。

ゴルフスイング練習の王道 左手1本打ち の記事はこちら

ゴルフスイング練習の王道 左手1本打ち

 

合わせて、知っておきたい練習器具 特集

腕と身体がスムーズに同調する練習器具「スイング アームチェッカー」


amazonで見る

楽天市場で見る

腕と身体の同調と手首までキープできる練習器具「三角先生」


Amazonで見る

楽天市場で見る

腕と身体を同調させながら、シャフトのしなりもわかる練習器具「トルネードステッィク」


Amazonで見る

楽天市場で見る

他の練習方法の記事もチェック

フルスイングの前半・後半を分けて体感できる「片足打ち」

良いスイングが体感できる練習方法 片足打ち

スイング軸を体感できる「両足そろえ打ち」

スイングバランスが良くなる練習 両足そろえ打ち

ゴルフスイングの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 スイング知識

ご自身のスイングで悩みがありましたら、ぜひ相談ください。相談は無料です。

かわばたコーチに相談する

[2021.10.23]
 

おススメの記事