ゴルフ上達に必要なのは、「心」「技」「体」

ゴルフメンタルイメージ写真

「ゴルフはメンタルだ!」と雑誌や本で紹介されていますが、メンタルを活かすためにどのような考え方や準備が必要なのでしょうか❓

ゴルフ上達には、「心」と「体」と「技術」が必要です。
この3つを作っていく順番をわかりやすく解説します。
最終的には、メンタルが強い選手が勝つと私も思います。強いメンタルにたどり着くまでの道程を知りましょう。

INDEX

  1. ゴルフは、心技体の三位一体
  2. ゴルフは、気持ちが大事だが「体」の基盤が重要
  3. 「技」は、日々の練習により必ず向上する
  4. 心」は、「体」と「技」の上に成り立つ
  5. ラウンド前にオススメの練習器具

 

ゴルフは、心技体の三位一体

ゴルフはメンタルだ!と雑誌や本で紹介されています。
ではメンタルが強いハンデキャップ18のアマチュアゴルファーがいたとして、プロゴルファーに勝てるでしょうか?

もちろん、勝てませんよね😅
いくら気持ちで勝とうと思っても、まず技術が違います。ドライバーの飛距離やアイアンの正確性・寄せの技術・パットの正確率、すべてプロにはかないません。

では、技術だけ鍛えればプロゴルファーに近づけるかと言うとこれもまた違います。
体力・筋力もアマチュアとは全く異なります。やはり日々トレーニングをしているプロゴルファーには勝てません。

何を伝えたいかと言うと、気持ちだけではゴルフは上達しないという事実です。

ゴルフ上達のポイントは、もちろん気持ちも大切ですが、ゴルフスイングの技術を上げる練習やスイングに対応できるだけの身体を鍛える必要もあります。
「心」「技」「体」で、何か一つだけレベルを上げてもゴルフ上達への道はスランプにおちいる可能性が高いです。
そのために、まんべんなくレベルアップしていく必要があります。三位一体です。

今回は、三位一体の解説をします。

心技体図解

ゴルフは、気持ちが大切だが「体」の基盤が重要

ゴルフは、上手くなりたいという気持ちが一番大切ですが、そのために日々の体調管理がかかせません。

例えば、二日酔いでは練習する気にならないですよね。
しかし、日々ゴルフスイングの練習をして技術を上げたいですよね。そのために、順番から行くと「体」から入る必要があります。

「体」は、体調管理・時間管理・食事管理・フィジカルトレーニング・睡眠などが、このジャンルに入ります。
制限・節制するものからトレーニングまでさまざまですが、アナタはどれくらいゴルフが上手くなりたいですか?

どれくらいの度合いによって、自分でできることを考えてみましょう。
誰かに命令されるものでも指示されるものでもありません。すべては自分次第の自己責任です。

例えばシングルプレーヤーになりたい人は、日々のゴルフ練習はかかせません。
そのため、深酒をしたり夜更かししている暇はありません。もし生活習慣がやめられないのであれば、アナタはシングルプレーヤーになりたいと心から思っていないと私は思います。

みなさんは、どうなりたいですか❓

ゴルフが上手くなりたいなら、環境づくりからはじめましょう。
まずは、体調管理をすることで、ゴルフの練習が効率よくできます。

これが、一番の目的です。

「技」は、日々の練習により必ず上手くなる

ゴルフは、ボールをコントロールして最短でカップインすると良いスコアでラウンドできます。
正しいゴルフスイングを身につけるとねらった場所にボールを運ぶことができますが、それだけではまだ良いスコアでラウンドするための準備が足りません。

「技」には、スイング力・ゴルフの知識・コース戦略能力・現状分析能力などが入ります。
ゴルフスイングを身につけるだけではなく、ゴルフクラブの知識やルール・エチケットなどを覚えコースマネージメント能力を活かすためにゴルフコースを丸暗記する能力、今日のアナタの調子を客観視する能力などが必要になります。

効率の良いスイングを行うのに正しい知識は絶対不可欠ですし、知識が無ければコースでカップの近くにボールを運ぶイメージもわかないはずです。

ゴルフ練習場でボールを打つ練習だけが、技術を上げるすべてではないと理解しましょう。
例えば今この記事を読んでいるこの時間は、アナタはゴルフの練習をしていると同様にゴルフの知識を身につけているのです。

スマホでゴルフのことを調べている時間もゴルフの勉強の一つです。知識を得ることは、大切なゴルフの練習の一環です。

「心」は、「体」と「技」の上に成り立つ

最後は、「心」ですね。
「ゴルフはメンタルだ!!」と雑誌や本で紹介されています。私も同感です。

心技体説明図

では、メンタルはどのようにして鍛えるのか?

答えは体力と技術力を向上させることです。

人間は疲れてくれば、判断能力がにぶりミスが多くなります。
また、根本的にねらった場所にボールが飛ばなければ落ち込んでしまい心が穏やかではいられません。

例えば、ラウンド中に入れなければならない1mのパターをカップインさせていくことができれば、プレッシャーに打ち勝ったという成功体験が重ねられ、メンタルを鍛えられます。
そのために、準備段階で1mのパターを入れる練習しておけばカップインの確率が高まります。
実際にそのラウンドで練習成果が出て、カップインを成功させることでメンタルが強くなり自信になります。

このように私は、メンタルを鍛えるためには総合的に「体」「技」を上げていく必要があると考えています。

その中でも、重要なジャンルは「体」です。
例えば、プロ野球選手がゴルフを真剣に始めると飛躍的に上手くなるという話を聞いたことはありませんか❓
なぜかというと、超人的なフィジカルを持っているからです。体力や筋力があれば、技術はあとから引き上げやすくなります。そのため、上達が速いのです。

ハッキリ言って、体力や筋力が無いとゴルフの上達は難しいです。
心・技・体の中で、「体」が自分の中で一番リードできるように努力しましょう。体力・筋力は年齢にかかわらず、トレーニングを続ければ必ず成果は出ます。

みんなで一緒にスコアアップを目指しましょう!

ラウンド前のオススメの練習器具

コースに着いて、身体をほぐすために役に立つ器具

朝日ゴルフから発売されている 「ゴルとれ」シリーズです。

シリコンで出来ていて、伸び縮みするので、スタート前にストレッチに最適😄

私もスタート前に使用しています。

amazonで見る 楽天市場で見る 有賀園ゴルフで見る

パッティング練習で、フェースの向きをチェックする練習器具

目標に対して、フェースの向きをチェックする練習器具です。

フェースの向きが、目標に対して右を向いたり左を向いたりしている人が予想以上に多いです。

目標方向にフェースが向くようになれば、カップインの確率は一気にあがります。

気になる人は、毎回チェックするべきです。

amazonで見る 楽天市場で見る 有賀園ゴルフで見る

ドライビングレンジがない時に、最適な練習器具

「コアスイング」という羽がついている素振り専用の練習器具です。

スイングした時に、羽が空気抵抗になるので、体幹に力をいれてスイングする感覚がわかります。

コースでも、体幹に力をいれてスイングしないと良いショットは打てないですからね。

この商品は、通常の練習でも使用できるのでおススメです。

amazonで見る

楽天市場で見る

有賀園ゴルフで見る

ゴルフクラブの知識やゴルフスイングの記事もチェック

ゴルフクラブの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 ゴルフクラブ

ボールが飛ぶ科学の知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 どのようにボールが飛ぶのか?

ゴルフスイングの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 スイング知識

ZOOMでの、ゴルフ座学講座を始めました。詳しくは、こちら

ZOOM座学を詳しく知る

この記事が参考になったら、「いいね」をクリックお願いします!
この記事が気に入ったらぜひシェアをお願いします。
[2022.06.30]
 

おススメの記事