まずは行動することで、経験を積む。

ゴルフが上達するために、ある程度の準備ができたら行動しましょう。

ゴルフを始めて、ほとんどの人が右も左もわからず、いつコースに出ればいいのか?練習場で、どんな練習をすればいいのか?

わからないので、どうすればいいですか?と質問されます。

質問されたときに、ある程度コースでのシチュエーションを答えるのですが、聞くと見るでは大違いで、やはり体験してもらう方法が一番です。そのため、ある程度ボールが前に飛ぶようになれば、コースデビューするよう指導しています。

私のスクールでは、ゴルフを始める人を半年くらいで、コースデビューさせています。

それは、なぜかというと、いち早くゴルフの経験を積めるからです。

 

ゴルフの経験をいち早く積むことにより、練習場での練習のやり方が変わったり、コースの対策をすることができます。

ゴルフは最終的にカップにボールを入れないと競技が成立しません。そのために、ボールをカップに近づける距離感が必要ですが、練習でいくら練習をしていても、コースでやってみると思っているよりボールが飛んだり飛ばなかったりします。しかし、一度体験すれば、練習場で意識的に練習する人がほとんどで、次回のラウンドからどんどん距離感が合ってきます。

コースに出れば、ゴルフの上達のスピードが一気にあがる人がほとんどなのです。

私は、それを知っているので、スクール生の背中を押してコースに早く出るように仕向けています。

 

それでも、ゴルフというスポーツは、奥が深くまだまだやるべきことが多くあります。

私も、実際にゴルフを始めて21年経ちますが、いまだに飽きることもなく試行錯誤し練習を続けています。

それくらい、面白くなかなか極められないスポーツだと思います。

 

ゴルフは、スコア100をコンスタントに切れても、シングルプレーヤーになっても、やるべき方法は変わりません。

まずは行動です。

難コースをプレーしたり、競技に出てみたり、3日続けてゴルフをしてみたり、いろいろしましょう。

そして、そこで得た経験を糧に対策をしましょう。

この行動の繰り返しが、アナタのゴルフを必ず上達させます。

行動するはじめの1歩を踏み出せない人がほとんどですが、もし踏み出す勇気が少し足りなければ、ゴルフスクールの門をたたいたり、ゴルフ好きの友人にサポートをお願いしましょう。

きっと、変われるはずです!

 

コースに出る前に、読んでほしい3記事です。

ティーショットは、こちら

最近のドライバーは打球がまっすぐに飛ぶ。目標に対して正しく立とう。

パッティングは、こちら

パッティングを成功させるために必要な5項目と確認の手順

エチケット・マナーは、こちら

すべてのゴルファーに覚えてほしい、ゴルフのエチケット・マナーについて

 

 

[2019.10.09]
 

おススメの記事