ゴルフスイング練習の王道 左手1本打ち

良いゴルフスイングとは、構えの形から体幹部分が上下左右にブレずに回転し、その回転に腕が連動する動きです。

ゴルフスイングのレベルを上げるために、さまざまな練習をする必要があると私は考えています。

いろいろある練習のなかで、今回は王道である「左手1本打ち」の効果と練習方法を解説します。

INDEX

  1. 体幹部分に腕が連動できるようになる 左手1本打ち
  2. 左手1本打ちの練習方法

 

体幹部分に腕が連動できるようになる 左手1本打ち

左手1本打ちとは、読んで字のごとく左腕1本でボールを打つ練習方法です。

練習方法は、あとの動画で確認してもらえればと思います。
先に効果から解説します。

私はボールを狙った場所に運ぶために、スイング中のフェースの向きが重要だと考えています。
そのため、ゴルフスイングでは右打ちなら左手、左打ちなら右手が重要になります。

手の甲とフェースの向きが、ある程度同じ向きを向いているので、左手1本でボールを打つとスイング中のフェースの向きの感覚が養われます。

これが一つ目の効果です。

そして、もう一つスイング中の切り返しから頭の位置をキープできる効果があります。

良いゴルフスイングとは、トップオブスイングからフォロースルーで腰のあたりをゴルフクラブが通過するまで、頭の位置は固定します。

詳しくは、「ゴルフのフルスイング徹底解剖-理想のスイングの形をイメージしよう!」のトップオブスイングからフォロースルーまでで確認しましょう。

実際に左手1本でボールが打てるようになれば、スイング中に頭の位置がキープできるようになっていることに気付きます。
(実際にご自身の動画を正面から撮って確認しましょう。)

スイング中の頭の位置が固定され、フェースの向きがわかるようになれば、自分自身で狙った場所にボールを運べる回数が増えます。

その結果、スコアも良くなってきます。

左手1本打ちの練習方法

左手1本打ちは、通常のスイングと同じスタンス幅、グリップの位置で構えます。
そこから、右手を放して左手1本でクラブを持ちます。
スイング幅は、フルスイングの大きさで最後までバランスよくフィニッシュまで振りましょう。

詳しくは動画で確認してもらえればいいのですが、かなりの難易度の練習方法になります。

左手1本打ちの練習方法のスタートは、ヘッド側を持って左手1本の素振りからはじめても良いでしょう。
その次に、グリップを持って素振り、そしてボールを打つ順番でレベルアップしましょう。

スクールでも、毎回左手1本で素振りをしボールを打ったりすることを練習メニューに入れています。
それくらいこの練習方法はスイングレベルを上げてくれます。

そのため、この練習方法は、スイング練習の王道だと言われています。

他の練習方法の記事は、↓

スイング軸を体感できる「両足そろえ打ち」

スイングバランスが良くなる練習 両足そろえ打ち

フルスイングの前半・後半を分けて体感できる「片足打ち」

良いスイングが体感できる練習方法 片足打ち

ご自身のスイングで悩みがありましたら、ぜひ相談ください。相談は無料です。

いっせいコーチに相談する

[2019.10.29]
 

おススメの記事