スライスボールが激減する練習 べた足打ち

ゴルフスイングを感覚的に体感する方法の一つとして、動きに制約をつけてボールを打つ方法があります。

さまざまな動きの制限をすると、感覚的にどのように打てば、狙った場所に飛ぶのかがわかります。

今回は、「べた足打ち」というスイングの打ち方の方法と効果を解説します。

INDEX

  1. べた足打ちの練習方法
  2. べた足打ちの効果

 

べた足打ちの練習方法

べた足打ちの練習方法は、ドライバーからサンドウエッジまで、すべてのクラブで練習できます。

基本の練習方法としては、ショートアイアン(8番、9番)くらいから始めましょう。

スタンスを通常のショットと同じ幅で構え、ショートアイアンでは、ボールを両足の真ん中にセット(使用するクラブにより変化)します。
そして、通常のおじきの角度で構え、フィニッシュまで右足のカカトが上がらないようにスイングします。

べた足打ちは、すべてのクラブで練習できます。その時にボール位置には、必ず気をつけましょう。

ドライバーでは、左足かかとの延長線上、サンドウエッジでは、センターからやや右側です。
クラブに応じたボール位置でスイングすることにより、より効果的な練習を行えます。

 

べた足打ちの効果

べた足打ちの最大の効果は、スイング中にインパクトでボールの正面に胸を向ける形を作りやすくなります。

インパクトで、胸がボールを向いていれば力が伝わり、打ったボールが飛んで曲がらなくなります。

スイングの多くのミスは、

1.ダウンスイングから右足が早く上がり、上半身が早く左を向いてクラブが構えた位置よりも下から入りフェースが開いてしまう(スライスボールやシャンクのミス)

2.ダウンスイングから右足が早く上がり、上半身が突っ込んでアウトサイドイン軌道になる。(スライスボールやヒッカケのミス)

この2点が見られます。

べた足打ちは、ダウンスイングからフォロースルーまで右足を上げないので、上半身の回転のミスを改善することができます。
さらに、身体に力を入れないとゴルフクラブを振れないので、体幹の力を使う感覚がわかる効果もあります。

この練習を始めると、腕を振っている感覚がして、世間一般で言われている「手打ち」と勘違いしがちですが、

体幹の力で腕を振る動き=ボディーターンスイングです。

ダウンスイングから、上半身を大きく回転させるとボールがまったく捕まらず、飛距離がロスします。

べた足打ちが上手くなると、ボールに力が伝わるので飛距離が伸びます。
さらに下半身が安定するので傾斜からのショットも上手くいくようになります。

ゴルフスイングは、キレイな形に整えることと感覚的にスイングを覚えることの両方が必要です。

「ドリル」よばれる、さまざまな練習方法は、スイング上達を早める効果がありますので、毎回練習中に行うようにしましょう!

他の練習方法の記事は、↓

スイング軸を体感できる「両足そろえ打ち」

スイングバランスが良くなる練習 両足そろえ打ち

フルスイングの前半・後半を分けて体感できる「片足打ち」

良いスイングが体感できる練習方法 片足打ち

スイング中のフェースの向きを体感できる「左手1本打ち」

ゴルフスイング練習の王道 左手1本打ち

ご自身のスイングで悩みがありましたら、ぜひ相談ください。相談は無料です。

いっせいコーチに相談する

[2019.11.28]
 

おススメの記事