良いスイングが体感できる練習方法 片足打ち

自分自身のゴルフスイングを作っていく過程で、スイングの形とボールを打つ感覚の両方をやしなっていく必要があります。
そのため、さまざまな打ち方で練習をする方法が近道と言えるでしょう。

今回は、スイングの形をキレイに整え、クラブを振る感覚をやしなう「片足打ち」を解説していきます。

INDEX

  1. スイングの前半部分を作れる 右足1本打ち
  2. スイングの後半部分を作れる 左足1本打ち

 

スイングの前半部分を作れる 右足1本打ち

片足打ちとは、読んで字のごとく片足に体重を乗せて打つ練習方法です。

人間の足は2本ついているので、右足1本打ち、左足1本打ちと2種類の片足打ちの練習に分かれます。

先ずは、右足1本打ちから解説します。

構え方は、右足1本で立ちボールを右足の前にセットします。そして、クラブをトップオブスイングまであげてボールを打ちます。

スイングのポイントは、バックスイングからトップオブスイングで右膝が地面の重心バランスを取れる位置を常にキープし切り返しができるようになることです。そして、インパクトでボールを打っても左足への体重移動は行わず右足1本でフィニッシュまで振り切りましょう。

右足1本で練習をすれば、フルスイングの構えからバックスイング、トップオブスイング、切り返しを覚えることができます。

私は、スイングのトップオブスイングと切り返しが重要だと考えているので、この練習方法でかなりの時間、練習や指導を行います。

右足1本で練習すると、トップオブスイングが安定し切り返しからスムーズにクラブを降ろせるようになるので私の大好きな練習方法の1つです。

詳しくは、記事の最後に動画があるので確認しましょう。

スイングの後半部分を作れる 左足1本打ち

続いて、左足1本打ちです。

構え方は、左足1本で立ちボールを左足の前にセットします。そして、クラブをトップオブスイングまであげてボールを打ちます。

スイングのポイントは、トップオブスイングからインパクトまで左膝でスイングの重心バランスを取れる位置をキープしインパクトで安定してボールを打てるようになることです。スイングの後半では、フィニッシュでバランスよく左足1本で立てるようになりましょう。

左足1本で練習をすれば、フルスイングの構えからトップオブスイング、切り返し、インパクト、フォロースルー、フィニッシュを覚えることができます。

左足1本で練習すれば、インパクトで胸がボールに向くようになりスライスボールが激減します。

スライスボールが多く出るプレイヤーには、最良の練習方法です。

左右の片足打ちは、スイング全体像を作ることができる効率的な練習方法です。

トップオブスイングが安定せずボールが左に曲がって悩んでいる人は、右足1本打ち

インパクトで開いてしまって、ボールが右に曲がりやすい人は、左足1本打ち

が効果的です。詳しくは、下記の動画を見て確認しましょう。

[2019.11.10]
 

おススメの記事