知ってそうで知らない アイアンシャフトの選びかた

みなさんは、こんな経験ありませんか?

上司から譲ってもらったアイアンがシニア用で、軽くて柔らかすぎた。
好きなプロゴルファーと同じモデルのアイアンを買ったが、重くて振れない。

プレーヤーごとに体格もヘッドスピードも違います。
自分自身にあったシャフトを選ぶことは、上達への第一歩です。
今回はアイアンシャフトのスチールとカーボンの違いを解説します。

INDEX

  1. スチールシャフトとカーボンシャフトの違い
  2. スチールシャフトの特徴
  3. カーボンシャフトの特徴
  4. ヘッドスピード別のオススメシャフト
  5. ラウンド前にオススメの練習器具

スチールシャフトとカーボンシャフトの違い

まずスチールシャフトとカーボンシャフトの大きな違いとしては、重量があげられます。

基本的には、
カーボンシャフトは軽く、
スチールシャフトは重く

設定されています。

具体的にはカーボンシャフトは40~90g、スチールシャフトは90~130gが主体となっています。

ほかの違いは、フレックス(縦のしなり具合)とトルク(横のねじれ)です。
スチールシャフトはカーボンシャフトより、シャフトは硬くなります。
トルクが小さくなるとスイングの挙動に敏感に反応するので、操作性の向上に繋がります。

カーボンシャフトはスチールシャフトより、シャフトが柔らかくなります。
さらに、トルクも大きくなるのでシャフトのねじれが大きくなり、ヘッドの開閉がしやすくなり安定感が向上します。

次は、2種類のシャフトのメリット・デメリットを解説します。

スチールシャフトの特徴

一般的にスチールシャフトは、平均以上のパワーやヘッドスピードのゴルファーや中上級者向けのシャフトになります。

最大のメリットは出球のバラつきを減らせることです。
アイアンはグリーンやピンを狙うクラブなので、これ以上の恩恵はありません!

また重量が重いので手打ちになりにくく、身体を使ったボディーターンスイングが身に付けやすいこともメリットの一つです。
これは初心者でもパワー・ヘッドスピードがある人には、最初からスチールシャフトを使用して欲しい理由です。
一方、パワーやヘッドスピードが平均以下の人には、その重さと硬さからスチールシャフトの恩恵を受けることが難しくなります。
ボールには当たっても、スピン量が足りずボールが上がりにくくなるでしょう。そのような飛球が出るようであれば、カーボンシャフトを選択しましょう。

カーボンシャフトの特徴

平均以下のパワー・ヘッドスピードのゴルファーや、体力が落ちてきたゴルファーにはカーボンシャフトが第一の選択肢となるでしょう。

一番のメリットは飛距離性能と球の高さがあげられます。

なぜかというと、カーボンシャフトの重量が軽く、シャフトがやわらかいのためです。

アイアンの本質は先ほども述べたように正確性ですが、それは飛距離や出球の高さが出せる前提が必要です。
飛距離や球の高さが、足りなければカーボンシャフトの特性を活かしておぎないましょう。

またカーボンシャフトは軽く柔らかいので、身体への負担が少ないことも特徴です。
手首・肘・肩・首など関節に古傷があれば、ゴルファーの寿命を延ばしてくれるシャフトです。

しかし、パワー・ヘッドスピードが高い人が軽量のカーボンシャフトを使うと、出球がバラつき・吹き上がるなど、正確性が低くなる可能性があります。
よく自分自身の技量を見極めて、シャフトを選択しましょう。

ヘッドスピード別のオススメシャフト

シャフトの選び方は、アナタのドライバーのヘッドスピードを目安にするようにしましょう。
基本的なヘッドスピード別のシャフトの選び方としては、

~40m/s   カーボンシャフト
40~45m/s  軽~中量スチールシャフト
45m/s~   重量スチールシャフト

が一般的な判断基準となります。

ヘッドスピードが40m/s以下人は、純正のカーボンシャフトが装着されているものが合うように作られているので、その中から選ぶとよいでしょう。
ただし、同じカーボンシャフトでも標準のヘッドスピード向けのシャフトから、シニア向けの更に軽くて柔らかいシャフトまであるので注意して選びましょう。
スチールシャフトも90~130gと重量帯に幅があるので気をつけましょう。

軽量スチール(40~45m/s)なら
N.S.PRO950GH、

中量スチール(42~47m/s)なら
モーダス105・120、

重量スチール(45m/s~)なら
ダイナミックゴールドS200~400

ここまでの解説でカーボンシャフト=軽くて柔らかい、スチールシャフト=重くて硬いとお伝えしました。
しかし最近では100gを超える重量カーボンシャフトや、70g台の軽量スチールシャフトも出てきました。
どちらもカーボンとスチールの良いとこ取りが売りのシャフトなので、試打できる機会があるなら試してみるのも面白いでしょう。

アイアンはスコアメイクをするために欠かせないクラブです。

「適切なクラブ選びはシャフト選びから」
を合言葉に、スコアアップを目指しましょう。

ラウンド前のオススメの練習器具

コースに着いて、身体をほぐすために役に立つ器具

朝日ゴルフから発売されている 「ゴルとれ」シリーズです。

シリコンで出来ていて、伸び縮みするので、スタート前にストレッチに最適😄

私もスタート前に使用しています。

amazonで見る 楽天市場で見る 有賀園ゴルフで見る

パッティング練習で、フェースの向きをチェックする練習器具

目標に対して、フェースの向きをチェックする練習器具です。

フェースの向きが、目標に対して右を向いたり左を向いたりしている人が予想以上に多いです。

目標方向にフェースが向くようになれば、カップインの確率は一気にあがります。

気になる人は、毎回チェックするべきです。

amazonで見る 楽天市場で見る 有賀園ゴルフで見る

ドライビングレンジがない時に、最適な練習器具

「コアスイング」という羽がついている素振り専用の練習器具です。

スイングした時に、羽が空気抵抗になるので、体幹に力をいれてスイングする感覚がわかります。

コースでも、体幹に力をいれてスイングしないと良いショットは打てないですからね。

この商品は、通常の練習でも使用できるのでおススメです。

amazonで見る

楽天市場で見る

有賀園ゴルフで見る

ほかのゴルフの記事もチェック

ゴルフクラブの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 ゴルフクラブ

ボールが飛ぶ科学の知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 どのようにボールが飛ぶのか?

ゴルフスイングの知識を深める記事は?

プロだけが知っているゴルフ上達への道 スイング知識

ご自身のスイングで悩みがありましたら、ぜひ相談ください。相談は無料です。

かわばたコーチに相談する

この記事が参考になったら、「いいね」をクリックお願いします!
この記事が気に入ったらぜひシェアをお願いします。
[2022.04.27]
 

おススメの記事